全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 貴金属加工の高麗工芸社 アマビエのチャームを製造 18金とシルバーの2種類 ネットで販売 アクセサリーを新規事業に育成

発売したアマビエのチャーム「アマビー」
発売したアマビエのチャーム「アマビー」
 貴金属加工業の高麗工芸社(本社西尾市吉良町富好新田蔵井戸8、文理恵社長、電話0563・65・5578)は、疫病退散に利益があるとされる妖怪「アマビエ」をモチーフにしたチャーム(装飾品)を商品化した。自社の純金加工技術を活用し、鋳造により繊細な加工を施したのが特徴だ。18金製とシルバー製の2種類で、インターネット通販で販売する。2種類で当面、1万個の販売を目指す。アクセサリー製造を新規事業と位置づけ、育成する考えだ。
残り521文字/全文731文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月13日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ