全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

「背負子」人の移送用に 協豊製作所 開放特許で自社ブランド 医療・介護や災害向け

移送用「背負子」の活用イメージ
移送用「背負子」の活用イメージ
 トヨタ自動車100%出資子会社で自動車プレス部品製造の協豊製作所(本社豊田市、大地洋三社長)は、伝統的な運搬具「背負子(しょいこ)」を人の移送用にアレンジして製品化する取り組みを進めている。一般に開放された「開放特許」を活用し、疲れにくい特長や自社の軽量化技術を組み合わせ、医療・介護や災害対策用の需要を開拓する。来年中に売り出し、初の一般向け商品として自社ブランドに育てる考えだ。
残り650文字/全文842文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月9日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ