全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

決算を読む 壱番屋 20年3~8月期 コロナ禍、経常利益6割減 外出自粛で8年ぶり減収 通期は海外上振れ上方修正

 カレー専門店をチェーン展開する壱番屋(本社一宮市)が7日発表した2021年2月期中間(20年3月~8月)連結決算は、経常利益が前年同期比59・9%減の12億4千万円だった。新型コロナウイルス禍による外出自粛で来店客数が大幅に減少し、2桁減収を強いられたことが響いた。ただ、通期予想は中国などの海外子会社が上向いていることから各利益を上方修正した。
残り519文字/全文693文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月8日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ