全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

1度に18人の体表面温度測定 塚本無線 AI搭載カメラ開発 マスク装着の有無も判別

AI搭載ハイクラスサーマルカメラ
AI搭載ハイクラスサーマルカメラ
 防犯カメラの製造、販売を手掛ける塚本無線(本社鈴鹿市磯山1の16の21、塚本会一社長、電話059・387・8000)は、新型コロナウイルス対策商品として、最大18人の体表面温度を同時に測定できる「AI搭載ハイクラスサーマルカメラ」を開発した。測定にかかる時間は約0・5秒で、カメラの前を通過するだけで発熱者を検知できる。既に大人数が出勤する大企業や病院などから引き合いがあるという。 (鈴鹿)
残り463文字/全文660文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月7日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ