全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

おにぎりの桃太郎、沖の島店を来月リニューアル 高価格帯商品モデル店に

11月にリニューアルオープンを予定する沖の島店
11月にリニューアルオープンを予定する沖の島店
 三重県内でおにぎり専門店16店を展開する、おにぎりの桃太郎(本社四日市市久保田1の6の54、上田耕平社長、電話059・352・2195)は、沖の島店(四日市市沖の島町)を高価格帯商品のモデル店として11月1日にリニューアルオープンする。提供するおにぎりを全て三重県のブランド米「結びの神」に切り替える。1個200円以上の高価格帯商品も年内に投入する計画。コロナ禍で客数の大幅な増加が期待できない中、収益拡大を狙う。 (四日市)
残り477文字/全文691文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月6日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ