全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

[取材ノート] 観光地、回復の兆しも… / 三重

中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります
中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります

 4連休となった今年のシルバーウィーク。三重県では伊勢神宮をはじめ、多くの観光地がにぎわいを取り戻した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、長らく停滞していた観光だが、4連休に限れば「前年並みのにぎわいだ」「前年を上回った」という声も聞こえてくる。
 ただ、手放しで喜べているわけではない。通年の売り上げで言えば大きく落ち込むことは目に見えているし、何よりもコロナ対策のために、身を削っている企業が多い。
 宿泊業では、稼働率が100%でも、誘客に向け、価格を下げている。バイキングやビュッフェを中止しているホテルもまだ多い。観光施設では施設内が密にならないように、入場制限をかけ、回転率を落としている。ただ最大の懸念は、第3波だ。また大きく観光客が減れば、身を削る努力が水泡に帰し、再び我慢の日々が続く。
 新型コロナはまさに波だ。第2波では、第1波に耐えた近所の飲食店がいくつかもっていかれた。第3波が襲えば、第2波で体力を使い果たした企業、店舗は耐えられないだろう。
 川原和起(かわはら・かずき)春日井市出身。釣りが趣味で、今年だけで青物、エイ、ウツボに3本竿を折られた。しっかりした竿を買おうと、青物用にシマノ製10フィートの竿を新調したが、磯場でつまずき、自分で折った。もう釣りは辞める。

全文547文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月5日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ