全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

語り残す戦争の記憶=第6部= (5) 船大工として特攻艇「震洋」を造った 兵庫県豊岡市の山本昭一郎(やまもと・しょういちろう)さん(93) 乗ったら最後、知りながら

船大工として特攻艇「震洋」を造り、召集され長崎で被爆した体験を語る山本昭一郎さん
船大工として特攻艇「震洋」を造り、召集され長崎で被爆した体験を語る山本昭一郎さん

 兵庫県北部の港町で生まれ育ち、当時の尋常高等小学校卒業後、棟梁(とうりょう)だった父の影響で船大工の見習いになった。父が経営する造船会社で、占領地へ物資を運ぶ輸送船の製造に関わっていた。
 だが戦局悪化で仕事が減り、戦闘機の見...

残り777文字/全文897文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月2日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ