全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

セトクラフト 和柄や動物型、新エコバッグ 3シリーズ13種類 レジ袋有料化で需要増

和モダンで実用的なOBIシリーズ
和モダンで実用的なOBIシリーズ
 エクステリアや雑貨の企画販売を手がけるセトクラフト(本社瀬戸市塩草町98、加藤芳子社長、電話0561・21・4121)は、エコバッグの新シリーズを投入する。マチが広く和柄を取り入れたものや、腕や肩にかけると動物がぶら下がっているように見えるものなど13種類をそろえた。7月から始まったプラスチック製買い物袋の有料化で、エコバッグのニーズが高まっている。10月の展示会を経て、雑貨店や通信販売などで展開する。
残り647文字/全文851文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月2日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ