全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

医療法人豊隆会 ちくさ病院 新築移転「地域包括ケア病院」へ 救急、リハビリ、在宅医療支援の3機能満たす コロナ禍、PCR検査も実施

地域包括ケア病院としてスタートした
地域包括ケア病院としてスタートした
 医療法人豊隆会(加藤豊理事長)が運営するちくさ病院(名古屋市千種区今池南4の1、電話052・741・5331)が今年4月に新築移転し、オープンした。救急、リハビリ、在宅医療支援の3機能を盛り込んだ「地域包括ケア病院」と呼ぶのが特長だ。高齢化社会の進展によってニーズが高まる在宅医療の機能を強化した。コロナ禍を踏まえ、PCR検査にも乗り出しており、介護施設や企業などで働く人が安心して仕事ができる環境も支援している。
(山田悠)
残り1046文字/全文1259文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年10月1日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ