全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

名古屋の老舗2ホテル、きょう営業終了 ナゴヤキャッスル、再開へ建て替え 名古屋国際ホテル、56年の歴史に幕 栄再開発で新勢力も、業界の節目に

名古屋国際ホテルは56年の歴史に幕を下ろす
名古屋国際ホテルは56年の歴史に幕を下ろす
 名古屋の老舗ホテルのホテルナゴヤキャッスル(名古屋市西区)と名古屋国際ホテル(名古屋市中区)が30日、営業を終了する。ホテルナゴヤキャッスルは2024年の再開に向けた建て替えのため一時休館し、名古屋国際ホテルは56年の歴史に幕を下ろす。両ホテルは閉館を惜しむ利用客に対してさまざまなイベントを行い、感謝を示した。栄地区の再開発に伴う新たなホテルの進出もあり、名古屋のホテル業界は節目を迎えている。
残り1145文字/全文1344文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月30日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ