全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

デビカ 紙せっけんを開発 コロナ対策 新色追加で展開強化

売れ行き好調な紙せっけん(写真は「ブルー」)
売れ行き好調な紙せっけん(写真は「ブルー」)
 ライオンのマスコットキャラクターをデザインした「おどうぐばこ」などの学童用品を展開する、文具製造のデビカ(本社名古屋市守山区小六町5の22、林俊孝社長、電話052・794・2611)は、外出先での手洗い時に役立つ「紙せっけん」を開発し、発売した。10月下旬から新色を追加し、品ぞろえを充実させて販売強化を狙う。コロナ禍で求められる新しい生活様式に合わせた商品展開で、関連市場を開拓する。
残り475文字/全文669文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月28日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ