全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

清水の次郎長「地域発展に貢献」 生誕200年、再評価進む

タグ
「次郎長翁を知る会」の会報を手にする山田さん
「次郎長翁を知る会」の会報を手にする山田さん

 「海道一の大親分」と呼ばれ、講談や浪曲の題材にもなった幕末・明治の侠客(きょうかく)清水次郎長(1820~93年)が今年、生誕200年を迎えた。「切った張った」の一面ばかりが注目されがちだが、出身地の静岡市清水区では「地域の発展に貢献した...

残り538文字/全文658文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月25日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ