全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

環境配慮印刷物の提案強化 エムアイシーグループ 専門の「開発部」を新設 特殊加工再生紙をファイルに

再生紙に疑似エンボス加工したファイル(左)と水溶性包材のポケットティッシュ
再生紙に疑似エンボス加工したファイル(左)と水溶性包材のポケットティッシュ
 総合印刷業のエムアイシーグループ(本社西尾市道光寺町東縄65、三浦康太郎社長、電話0563・56・5111)は、環境配慮を全面に打ち出す印刷物の提案に乗り出した。7月に環境開発部を新設。第1弾として、再生紙に特殊加工印刷「疑似エンボス印刷」を施したファイルを商品化した。企業の販促品としてアピールする。このほか水溶性包材を使用したポケットティッシュなど、商材を拡大し、環境部門で3年後に3千万円の売り上げを目指す。
残り514文字/全文722文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月25日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ