全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

取材ノート 新天地での出会いに感謝

 ■名古屋本社でお世話になっていたが、8月から岐阜へ異動した。
 地方勤務になったことで頻繁に記者クラブや会見に出入りするようになり、顔なじみの他社の記者もでき始めた。今までは基本的に社内の記者としか交流がなかったので新鮮な気持ちになる。
 同年代の女性記者とも何人か親しくなれたので、取材が終わった後は情報交換をするようになった。「最近は女性記者も増えてきた」と周りから言われるものの、他の職種と比べると記者はやはり男性が多いように思う。だから、最近の取材やお互いの記事など、仕事に関してなんでも気負いなく話せる存在は貴重だ。
 自分よりはるかに経験豊かな先輩記者からの指導やアドバイスに、自分の至らなさを痛感する毎日だ。同世代で頑張る人たちの姿を胸に、日々精進したい。
 ■飯島 萌乃(いいじま・もえの)広島県出身。どこに出しても恥ずかしくないペーパードライバーだったが、この夏路上デビューを果たした。日々岐阜県民に恐るべき運転テクニックを見せつけている。

全文426文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ