全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

地方はどう変わったか、安倍政権の検証 (4) 公共事業 積極投資も入札不調多発 大型計画は行き詰まり

瀬戸中央自動車道で舗装工事をする作業員ら=2018年3月、香川県坂出市
瀬戸中央自動車道で舗装工事をする作業員ら=2018年3月、香川県坂出市

 「コンクリートから人へ」を掲げた民主党政権から一転、安倍政権は公共事業に積極投資してきた。地方では「心強かった」との声も聞かれるが、建設業界の繁忙で業者が決まらない「入札不調」が多発。政権終盤は、地元の反発で大型プロジェクトが相次いで行き...

残り779文字/全文899文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年9月18日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ