全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

柳モデル技研 治具材料の無駄を省き軽量化 コロナ禍 2~8月受注例年並み維持

検知治具のセンサー性能をチェックする
検知治具のセンサー性能をチェックする
 自動車部品向け各種治具の開発・製造などを手掛ける柳モデル技研(本社三重県菰野町神森605の2、栁昭広社長、電話059・393・3083)は、材料の無駄を省き軽量化を実現する強みを生かし、コロナ禍でも2~8月の受注が例年並みを維持している。検査、組み付け、検知などの各種治具を幅広く手掛けることで、需要サイクルをうまく回しており、11月まで例年並みの受注を見込んでいる。 (四日市)
残り423文字/全文614文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年9月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ