全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

東生食品 中華麺の賞味期限延長 自動製造ライン生かす 食品ロス削減で顧客に貢献

従来比1.4倍の賞味期限延長に成功
従来比1.4倍の賞味期限延長に成功
 中華食材メーカーの東生食品(本社名古屋市中川区野田3の235の2、高木智英社長、電話052・354・5321)は、主力製品である中華麺の賞味期限を延長する。導入した自動製造ラインや温度管理の徹底などで現状の1・4倍に伸ばすことに成功した。新型コロナウイルス感染拡大で、特にレジャー施設内の外食店の営業状態は厳しい。賞味期限延長で食品ロスを防ぎ、顧客に貢献していく考えだ。
残り543文字/全文729文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年9月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ