全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

「GoTo」効果、一部に明るさ 名古屋市内18ホテル客室稼働率 8月25・1%、名駅・栄で明暗

 中部経済新聞社がまとめた名古屋市内主要18ホテルの8月の客室平均稼働率は25・1%と、前年同月比54・7ポイント低下した。マイナスは7カ月連続だが、国の観光支援事業「Go To トラベル」が浸透し始め、一部ホテルの稼働率を押し上げた。ただ、愛知県独自の緊急事態宣言により自粛対象だった栄地区のホテルは、名古屋駅地区のホテルと比べ落ち込みが目立ち、明暗を分けた。
残り1663文字/全文1844文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年9月11日の主要記事