全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 建築板金業のトーキン工業 コロナ禍で新製品開発加速 アウトドアや消毒用品 金属加工技術生かす

若手発で企画したアウトドア向けの調理用鉄板
若手発で企画したアウトドア向けの調理用鉄板
 建築板金業のトーキン工業(本社中津川市瀬戸1654の3、久木利道社長、電話0573・65・5005)は、ステンレスなど金属加工の技術を生かした新製品開発に注力している。約10年前から自社製品の開発に取り組んできたが、コロナ禍を受けてこの動きを加速。直近ではアウトドア向けの鉄板・ステンレスぶたや、足踏み式の消毒液スタンドなどを開発した。
残り588文字/全文757文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年9月8日の主要記事