全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

遺跡からの警告疫病編 先史時代―奈良時代 (4)平城京離れ、謎の彷徨 大仏建立に救い求め

奈良・東大寺の「万灯供養会」。大仏開眼会から1200年余が過ぎた今も、訪れる人が絶えない
奈良・東大寺の「万灯供養会」。大仏開眼会から1200年余が過ぎた今も、訪れる人が絶えない

 天然痘かはしかとみられる疫病が猖獗(しょうけつ)を極めた天平9(737)年、聖武天皇は未曽有の国難に直面していた。
 外戚としても側近としても天皇をバックアップしていた大貴族・藤原4兄弟をはじめ、国政を担う貴族、官僚が多数死亡...

残り1088文字/全文1208文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年8月22日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ