全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

決算を読む バローHD 20年4~6月期 経常利益2.6倍で過去最高 「巣ごもり消費」で単価上昇 業績見通しは据え置き

 バローホールディングス(HD、本社多治見市)が13日発表した2020年4~6月期連結決算は、経常利益が前年同期比2・6倍の94億8500万円だった。2期ぶりの増益で過去最高。外出自粛に伴う「巣ごもり消費」を取り込んだスーパーマーケット(SM)、ドラッグストア(DS)、ホームセンター(HC)の主要3事業がけん引した。ただ、新型コロナウイルスの感染再拡大に加え、景気の先行きが不透明なことから業績見通しは期初予想を据え置いた。
残り675文字/全文888文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
中部圏、将来の飛躍へ着々
~チカマチラウンジではしご酒~名古屋駅昼呑み天国WEB特集

2020年8月14日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
「福よ来い!常滑焼✕チカマチラウンジ」 4月9日(金)~6月6日(日)開催

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ