全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

飛騨産業 木材「枝葉」余さず活用 蒸留液を農業資材やアロマオイルに 独自技術で加工、製品化森林環境の保全に貢献

スギなどの枝葉の蒸留液を使用した「いくまい水」やアロマ製品
スギなどの枝葉の蒸留液を使用した「いくまい水」やアロマ製品
 木製家具メーカーの飛騨産業(本社高山市漆垣内町3180、岡田贊三社長、電話0577・32・1001)は、国産スギなどの枝葉から樹液を抽出し、農業資材やアロマオイルなどとして製品化する取り組みを強化している。枝葉は利活用されずに、森林に放置されることが多い。同社ではこれを独自技術で加工し、製品として有効活用することで、森林環境の保全に貢献したい考えだ。
残り620文字/全文797文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年7月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ