全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

[取材ノート] コロナ禍の広報の苦悶 / 名古屋

中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります。
中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります。

新聞社という業種柄、売り込みやタレコミ、期待や注文、苦情などさまざまな電話がかかってくる。

以前、複数の企業広報担当者から同時期に寄せられたのが、「社内で新型コロナ感染者が出た場合、発表すべきなのか」という相談。上場企業の業績修正のように開示ルールがあるわけではなく、備え方に窮しているのだ。

日本経団連は「オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を示しているが、従業員感染が確認された場合、「公表の有無・方法については個人情報保護に配慮しつつ公衆衛生上の要請も踏まえ、実態に応じた検討を行うものとする」とあくまで個々の判断に委ねている。

国内感染者が激増する中、従業員感染が確認された企業は自社のホームページで発生状況や対策を発信する例が少なくない。ウィズコロナ時代の自発的な公表方法、注意喚起としてこれから増えるだろう。

だんまりを決め込んではコロナ隠しと疑われかねず、情報の扱い方によっては従業員や顧客から見放されることにもなりかねない。非常時は組織としての姿勢や本質が見えてくる。企業経営者は広報担当が抱える苦悶を全社的な問題と認識しておくべきだろう。

■岩崎 幸一(いわさき・こういち)名古屋市出身。
自動車、鉄鋼業界を担当。藤井聡太棋聖の活躍に刺激されて将棋ゲームに没頭。集中力不足のため「長考」に至らず、思い切った一手で毎度返り討ちにあっている。

全文584文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年7月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ