全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

食品ロス、AIで減らせ 過去データで需要予測 コロナ売れ残り売買も

タグ
スシロー有楽町店の調理場で、供給量などのデータ画面を確認する店員=6月、東京都千代田区
スシロー有楽町店の調理場で、供給量などのデータ画面を確認する店員=6月、東京都千代田区

 ビッグデータや人工知能(AI)を使い、食べずに捨てられる食品ロスを減らす試みが進んでいる。回転ずしでは過去データから無駄が出ないネタの量を自動で算出、スーパーではAIが天候に基づき需要を予測する。新型コロナウイルスの影響で売れ残った食材も...

残り915文字/全文1035文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年7月20日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ