全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

多様な調理可能なフライパン展開    石川鋳造 揚げ物など幅広く 鋳鉄フライパン/深型新商品投入

「おもいのフライパン」の新製品(右、左は既存商品)
「おもいのフライパン」の新製品(右、左は既存商品)
 鋳物メーカーの石川鋳造(本社碧南市中松町1の12、石川鋼逸社長、電話0566・41・0661)は、シリーズ展開している鋳鉄製調理器具「おもいのフライパン」に、深型の新商品を投入する。既存商品より底を深くし、炒め物など調理の幅を広げるフライパンとして提案する。先行予約をこのほど開始し、8月中旬の発売を予定している。年2万枚の販売を目指す。(碧南)
残り396文字/全文570文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年7月18日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ