全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名古屋・浜松、起業支援拠点形成へ 内閣府が認定 創業人材1万人輩出めざす

「ナゴヤイノベーターズガレージ」(名古屋市)では起業支援に力を入れている
「ナゴヤイノベーターズガレージ」(名古屋市)では起業支援に力を入れている
 中部圏の産学官が、世界に肩を並べる起業支援拠点形成に向け力を結集する。内閣府は14日、愛知・名古屋と浜松地域を「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に認定した。対象都市は、海外展開支援や情報発信、起業に関する規制緩和、起業家や投資家の招致など、国の積極的な支援を受けることができる。中部圏は世界をリードする多様な産業基盤を武器に、起業と新産業の創出を促進し、今後5年間で、起業人材1万人以上輩出するほか、スタートアップ300社以上の起業を目指す。
残り1485文字/全文1716文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年7月15日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

採用情報
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ