全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

東海3県25信金 20年3月期決算 純利益、14信金が減益 実質業純は15信金増益

 東海3県(愛知、岐阜、三重)に本店を置く25信用金庫の2020年3月期決算が出そろった。最終的なもうけを示す純利益は比較可能な24信金(桑名三重信金を除く)のうち、14信金が減益だった。貸倒引当金など与信関係費用の積み増しがマイナス要因となった。さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた株式相場の下落で保有有価証券の時価が低下。減損損失対応などで市場運用利益が悪化した。本業のもうけを示す実質業務純益(一般貸倒引当金繰り入れ前)は、経費削減などで収益が改善し、15信金が増益だった。
残り561文字/全文807文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
中部圏、将来の飛躍へ着々
~チカマチラウンジではしご酒~名古屋駅昼呑み天国WEB特集

2020年7月2日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ