全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

[取材ノート] 「対面」でしか伝わらないことも / 名古屋

企業が新しい技術や製品、サービスを披露する展示会。コロナ禍で、日本最大の工作機械見本市「JIMTOF」をはじめ多くが中止となった。初めて工作機械業界を担当することになり、展示会で実際に機械設備や加工部品などを見ることを楽しみにしていただけに、残念だ。

各社は、バーチャル展示会や製品動画の公開など、情報の発信やサービスサポートの場をオンラインに切り替えて丁寧に対応している。ただ、インターネットで動画を視聴したが、慣れないせいか製品の大きさや動き、音など臨場感は伝わりづらく、難しい。オンライン取材も何度か経験した。特に初めて話をする相手では、表情の変化や言葉の抑揚、行間などが読み取れず、どこか物足りない。

新型コロナウイルスの感染拡大によって急速にリモートワークが広がり、その高い有用性と大きな可能性への認識を深めた一方で、人と人、人と物とが「対面」することでしかかなわないことがあるとの思いも、強くなった。対面することでしか得られない情報を、紙面を通じて少しでもたくさん発信していきたい。

■竹田 ゆりこ(たけだ・ゆりこ)名古屋市出身。
4月から工作機械、航空機、電機業界を担当。
緊急事態宣言が明けてから、週末は釣りに出掛けている。

全文515文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ