全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

リニア27年開業困難 トップ会談物別れ 中部経済に影響必至

タグ
会談するJR東海の金子慎社長(右)と静岡県の川勝平太知事=静岡県庁(代表撮影)
会談するJR東海の金子慎社長(右)と静岡県の川勝平太知事=静岡県庁(代表撮影)
 JR東海の金子慎社長は26日、リニア中央新幹線建設を巡る水資源問題で対立する静岡県の川勝平太知事と初めて会談した。JR側が同意を求めていた「6月中の準備工事の再開」について、川勝知事は会談内で明言を避け、会談は物別れとなった。2027年開業延期を含め、計画の見直しが避けらない情勢だ。リニア開業に向けて再開発などが進められている中部経済への影響は必至。リニア沿線の自治体や財界の反応をまとめた。
残り2251文字/全文2449文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年6月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ