全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

三井食品工業 キムチと浅漬けの新商品 うま味と素材こだわり 差別化商品、量販店に提案

量販店向けに投入した「でらうま」と「国産野菜ミックス」
量販店向けに投入した「でらうま」と「国産野菜ミックス」
 漬物製造販売の三井食品工業(本社一宮市三ツ井1の10の8、岩田浩行社長、電話0586・77・3535)は、キムチと浅漬けの新商品を市場投入した。ハクサイキムチ「でらうま」は3種の魚介によるうま味、浅漬け「国産野菜ミックス」はキャベツを主力素材に打ち出したのが特徴。定番のキムチと浅漬けシリーズの中でも差別化商品と位置づけ、量販店向けに積極アピールしていく。
残り659文字/全文838文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年6月24日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ