全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

「食べきりサイズ」巣ごもりにマッチ 鵜舞屋 新製品つくだ煮好評 6月受注量想定の10倍超 主力補う商品に

「和!Dish」を手にする高森社長
「和!Dish」を手にする高森社長
 つくだ煮など贈答用食品を製造販売する鵜舞屋(本社岐阜市東鶉1の1、高森幹啓社長、電話058・274・0141)は、「巣ごもり消費」に焦点を当ててた新シリーズ「和!Dish」の売れ行きが好調だ。鮎(アユ)のつくだ煮や牛肉しぐれなどを食べきりサイズにパッケージした製品で、6月の受注量は想定の10倍超に上った。主力の贈答・土産用製品の販売減を補う新たなニーズを開拓している。
残り387文字/全文573文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月19日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ