全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

生活に潤い届けたい 名古屋の文化活動再開へ 名フィル、4ヵ月ぶり公演 ライブハウス、演劇、手探りで準備

名古屋二期会は感染拡大措置を講じて研修生の歌唱レッスンを始めた
名古屋二期会は感染拡大措置を講じて研修生の歌唱レッスンを始めた
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で止まっていた名古屋の文化活動が、一部再開に向けて動き出している。飛沫(ひまつ)感染リスクの低い弦楽器やピアノを中心としたクラシックコンサートは既に実施され、名古屋を代表する名古屋フィルハーモニー交響楽団(名古屋市中区)は7月から定期演奏会を再開する。音楽や演劇は生活に潤いをもたらす。ウィズコロナ時代の新たな楽しみ方が求められそうだ。
残り1315文字/全文1501文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年6月13日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ