全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

石塚硝子 食器のシェアリング提案 国内初サービス新たな価値提供へ

黄色と金色の組み合わせでコーディネートした「プレシャス」は自宅で非日常感が体験できる
黄色と金色の組み合わせでコーディネートした「プレシャス」は自宅で非日常感が体験できる
 石塚硝子(本社岩倉市)は食器のシェアリングサービスを国内食器メーカーとして初めて開始する。7月上旬から関東地区でスタートし、10月から地域を拡大する。提供するのは同社のガラス食器や子会社の鳴海製陶の陶磁器など。プロのスタイリストがコーディネートしたおしゃれな食卓が手軽に作れる。まずはホームパーティーや小規模の料理教室向けの需要を見込む。食器の売り上げは少子高齢化などで減少しているが、シェアリングを通じて創業200年の老舗企業が新たな価値提供に挑戦する。
残り580文字/全文809文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月5日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ