全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ハヤック 抗ウイルス室内塗装サービス開始 企業や店舗 高齢者施設 幅広いニーズ取り込み 不活化塗料使用 悪臭抑制効果も

ショールームでのテスト施工の模様
ショールームでのテスト施工の模様
 工場・倉庫、住宅などの外部改修や遮熱塗装などを手掛けるハヤック(本社岡崎市太平町森下9の1、林昌元社長、電話0564・66・0660)は、ウイルスを99・99%以上不活化する塗料を使用した室内塗装サービスを開始した。「塗膜が生きている間、10年間程度は効果持続が期待できる」(林社長)という。中・長期の感染症予防対策に最適な上、悪臭抑制効果も高いことから、事務所・店舗だけでなく、高齢者施設やペット飼育家庭など、幅広いニーズを取り込んでいく。今3月期の売上高目標は5千万円。
残り487文字/全文725文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月4日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ