全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名大大学院 ゴミで発電する 燃料電池開発へ 資金確保へCFで寄付金募集

装置の機構(左)と実機
装置の機構(左)と実機
 名古屋大学大学院環境学研究科は、プラスチックなどの可燃ゴミで発電する燃料電池の開発資金を確保するため、クラウドファンディング(CF)で寄付金の募集を始めた。ごみ処理問題と再生可能エネルギーの効率的な発電につながり、「持続可能な社会の実現に向けた画期的な取り組み」(同研究科)と提案している。研究には建設・リース大手の大和リース(本社大阪市)も支援する。
残り813文字/全文990文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月4日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ