全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

日本の知、どこへ 大学改革―私の見方② 榊裕之東京大名誉教授 公教育の割合増やすべき 大学間の垣根越え強化を

「大学院の学生は研究でものすごい力を発揮する。彼らを支援しその後の職も保証するシステムを再構築しないと日本は世界で戦えない」と話す榊裕之東京大名誉教授
「大学院の学生は研究でものすごい力を発揮する。彼らを支援しその後の職も保証するシステムを再構築しないと日本は世界で戦えない」と話す榊裕之東京大名誉教授

 社会が高度化する中、大学は教育、研究の充実を求められている。社会の要請にどう応えるべきなのか。欧米の大学事情に詳しい榊裕之東京大名誉教授に聞いた。 研究で欧米と競い合ってきた経験から言うと、日本の大学教育の質はかなり高いと思う。欧米と大き...

残り2145文字/全文2265文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年6月2日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ