全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

決算を読む メニコン 20年3月期 5年連続の増収、過去最高更新 コンタクト定額サービス好調 今期予想未定 売上高1千億円目標は維持

 メニコン(本社名古屋市)が28日に発表した2020年3月期の連結決算は、売上高が前期比4・5%増の845億円となり、上場以来5年連続の増収で過去最高だった。新型コロナウイルスの影響が企業業績に暗い影を落とす中、快走を続ける。高収益の原動力となるコンタクトレンズの定額利用サービス「メルスプラン」が好調だった。21年3月期予想は、新型コロナの影響で未定としたが、中期目標で示す今期の売上高1千億円は据え置いた。
残り554文字/全文759文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年5月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ