全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

医療機関経営ピンチ 受診控えや資材高騰響く 閉院検討も、第2波への対応など懸念

タグ
新型コロナウイルスの感染拡大で外来患者が急減した「南22条おとなとこどものクリニック」=15日、札幌市
新型コロナウイルスの感染拡大で外来患者が急減した「南22条おとなとこどものクリニック」=15日、札幌市
 新型コロナウイルスの感染拡大により外来患者の受診控えが広がり、地域の病院や診療所の経営が圧迫されている。家賃や人件費などの固定費に加え、マスクや防護服などの医療資材が高騰、収支の悪化で閉院を考える医師も出てきた。専門家は「医療機関の経営破綻が相次げば感染拡大の第2波、第3波が来たときに対応できなくなる」と懸念を示す。
残り919文字/全文1079文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年5月27日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ