全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

決算を読む 名古屋鉄道 20年3月期 コロナ禍で10年ぶり経常減益 移動自粛が交通事業直撃 今期予想は公表見送り

 名古屋鉄道が25日発表した2020年3月期連結決算は、売上高にあたる営業収益が前期比0・1%増の6229億1600万円、経常利益が4・5%減の492億8800万円だった。新型コロナウイルス感染症による移動自粛の流れが広がり、鉄道など公共交通利用者が減少。経常利益は主力の交通事業などの減収が響き10年ぶりに減益を強いられた。21年3月期の業績予想は、新型コロナによる影響額の合理的算出が難しいとして公表を見送った。
残り645文字/全文853文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2020年5月26日の主要記事