全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

視界不良 深まる懸念 減産に揺れる自動車産業 コロナ時代との向き合い方模索

生産調整を本格化している自動車産業
生産調整を本格化している自動車産業
 中部経済の屋台骨である自動車産業が揺らいでいる。新型コロナウイルス禍で新車需要が世界的に低迷、国内でも大幅な減産を余儀なくされているためだ。減産の期間や規模が広がるほど部品や設備メーカーの経営への打撃は避けられない。「リーマン時のような急激なショックは無いが、じわっと真綿で首を絞められている気がしてならない」と表現する設備メーカーも。各社幹部は日ごとに不安の色を濃くする一方、仕事のあり様を含めてコロナ時代との向き合い方を模索している。
残り1214文字/全文1434文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2020年5月22日の主要記事