全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新しい生活様式の実現にオンライン検温システム開発 M―aid  体温管理し感染拡大予防

開発した「オンライン検温システム」(非接触型医療用体温計<左>と端末画面一例)
開発した「オンライン検温システム」(非接触型医療用体温計<左>と端末画面一例)
 医療系のシステム開発やデータサービスを展開するM―aid(エムエイド、本社名古屋市中村区名駅4の6の17、木下水信社長、電話052・551・6671)は、クラウド上で体調管理ができる「オンライン検温システム」を開発した。職場の出入り口などに端末と体温計を設置し、出勤時などに従業員が体温を計ってデータを自動的に記録する。新型コロナウイルスの感染拡大で今後、感染を予防しながら日常の活動を継続する「新しい生活様式」が求められていく。需要を見込み、主に企業向けに販売する。
残り666文字/全文901文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年5月20日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ