全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

苦悩する地域経済 新型コロナの打撃 農業 休校長期化、輸出も低迷 食料基地悲鳴「死活問題」

牛舎で作業をする鈴木健司さん=4月、北海道豊頃町
牛舎で作業をする鈴木健司さん=4月、北海道豊頃町

 新型コロナウイルスの感染拡大で「食料基地」とされる北海道の1次産業への打撃が表面化している。学校の休校や飲食店の休業が長期化したことで、給食の牛乳などに使われるはずだった生乳の需要は一気に減少。海産物も中国などへの輸出が低迷し価格が下落し...

残り737文字/全文857文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2020年5月18日の主要記事