全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

ブレイズ、電動三輪市場参入 代理店募集年販5千台目指す 配送用需要も喚起

街乗りに気軽に乗れる電動三輪バイク「ブレイズEVトライク」
街乗りに気軽に乗れる電動三輪バイク「ブレイズEVトライク」
 電動車(EV)の開発などを手掛けるブレイズ(本社名古屋市中川区富田町千音寺狭間4603、市川秀幸社長)は、電動三輪市場に参入した。5月から電動三輪バイク「ブレイズEVトライク」の販売を開始しており、取り回しのしやすい三輪バイクを気軽に楽しみたい層にアピールする。荷台のオプション取り付けが可能で、巣ごもり消費の増加に合わせ、配送用のニーズも喚起する。代理店も同時募集し、年間で5千台の販売を目指す。
残り579文字/全文779文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2020年5月12日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ