全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

コロナ禍描く架空映画看板 休館の劇場で絵師

タグ
新世界国際劇場にある架空映画の看板の前で写真に納まる八条祥治さん(左)と冨岡和彦さん=大阪市浪速区
新世界国際劇場にある架空映画の看板の前で写真に納まる八条祥治さん(左)と冨岡和彦さん=大阪市浪速区

 新型コロナウイルス対策で休館した大阪・新世界の老舗映画館「新世界国際劇場」に、コロナ禍に揺れる世相を映した架空映画の手描き看板が現れ、話題を呼んでいる。「コロナマン 最凶ダークヒーロー爆誕」に「フェイクニュース 暴力報道2020」。制作は...

残り447文字/全文567文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2020年5月11日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ