全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

東海3県上場企業 6割減収、7割が減益・赤字 3月期決算「序盤戦」 米中摩擦、コロナ追い打ち 8割が今期業績予想を「未定」に

 東海3県(愛知、岐阜、三重)に本社を置く上場企業(新興市場除く)の2020年3月期決算発表が、「序盤戦」を終えた。1日までに集計した41社のうち、61%の25社が減収。純損益は73%の30社が減益(赤字化含む)だった。米中貿易摩擦の影響で製造業を中心に厳しい業績となったほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響が利益の下押し要因となった。感染拡大の収束が見通せない中、全体の78%の32社が今期業績予想を「未定」とした。
残り1119文字/全文1329文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年5月4日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ