全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

トヨタ系中堅部品6社の20年3月期 5社が最終減益 コロナが追い打ち今期予想全社見送り

新型コロナの感染拡大防止でウェブ会見した愛三工業
新型コロナの感染拡大防止でウェブ会見した愛三工業
 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が自動車部品メーカーを脅かしている。トヨタ系中堅部品メーカー6社が28日発表した2020年3月期連結決算は4社が減収、5社が最終減益(うち1社赤字化)だった。米中貿易摩擦の影響で市場が急減速していたところに新型コロナが追い打ちをかけ、著しい操業度低下で生産効率を悪化させた。新型コロナの収束時期は今だに見通せず、全社が21年3月期業績や配当の予想開示を見送った。
残り1006文字/全文1206文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年4月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ