全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

JR東海、10期ぶり減収減益 20年3月期、新幹線の利用低迷 リニア工事半数休止 金子社長「底が見えない」

決算会見する金子社長
決算会見する金子社長
 新型コロナウイルス感染拡大が、JR東海の事業に影を落としている。27日に発表した2020年3月期連結決算は10期ぶりの減収減益を強いられた。将来成長の柱を担うリニア中央新幹線の工事は、一時的に工事を休止している。東海道新幹線などの運行本数を減らすなど足元の事業運営にも支障が出ている。金子慎社長は「どこまで影響が続くのか底が見えない」と懸念を示した。
残り616文字/全文792文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2020年4月28日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ