全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

カビ除去工事のせら、新型コロナ対策でサービス地域拡大へ 関東から沖縄まで施工体制整備

新型コロナウイルスの感染拡大により、除菌作業の引き合いが伸びている(イメージ)
新型コロナウイルスの感染拡大により、除菌作業の引き合いが伸びている(イメージ)
 カビ除去工事のせら(本社名古屋市西区貝田町2の37の1、世良秀雄社長)は、新型コロナウイルス対策として、除菌サービスに乗り出す。足元で依頼が急増しており、本業のカビ取り技術を生かせると判断した。特殊な防護服を調達し、作業員の安全を確保する。このほど感染者が確認された事業所で施工した。同社のカビ除去技術を採用する加盟店向けに講習会を開き、5月以降、関東から沖縄までで対応できる体制を整える。
残り732文字/全文928文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年4月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ