全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

【中部圏特集・東三河地域】独創的な事業で海外展開も 新興企業相次ぎ存在感 成長を支える取り組み進む

中部圏、中長期的な成長へ
サインズは有機農業を軸に幅広く事業を展開している
サインズは有機農業を軸に幅広く事業を展開している

 東三河地方で独創的な事業を手掛ける新興企業が相次ぎ存在感を示している。一部の企業は東三河に限らず、海外でも事業を展開。地元では新たなベンチャーの成長を支える取り組みも始まっている。

バングラデシュ


海外でガスメーターの施工を手掛けるヘリオス・ホールディングス(豊橋市)は、2003年に設立した。バングラデシュで個人宅にガスメーターを設置し、現地のガス使用の節約に貢献している。今後はインドネシアなどでの事業展開も視野に入れている。

同社の事業への評価も高い。活躍する起業家の表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2019ジャパン」で東海・北陸代表に選出された。また優れた海外建設プロジェクトを表彰する国土交通省の「第3回JAPANコンストラクション国際賞」(中堅・中小建設企業部門)、豊橋商工会議所の「環境経営賞・最優秀賞」も受賞した。

11年設立のルクラ(豊橋市)は、店舗や住居などとして利用できるトレーラーハウスの販売を増やしている。建築物に比べ設置の制約が少なく、設置後も移動できる利点などが受け入れられている。商品の種類も拡充しており、一段の販売拡大を目指している。

農業や食品分野の企業も元気だ。農薬などを使わずに農産物を有機栽培しているサインズ(豊川市)は、農業を軸に幅広く事業を展開。農業スクールや農作業による障害者の就労支援、飲食店の運営などに参入し、有機農業の魅力を発信している。また、ソーセージやハム専門店のもりウインナー(豊橋市)は、手作りソーセージの味わいなどを追求。昨年には国際的な見本市「IFFA」のコンテストで金賞を受賞した。

起業家の交流施設


将来のベンチャーをサポートする取り組みも始まっている。
自動車部品メーカーの武蔵精密工業(豊橋市)は18年にJR豊橋駅前で起業家交流施設「ムサシ・イノベーション・ラボ・クルー」を新設した。起業家が新ビジネスのアイデアを話し合う場として活用している。19年には地元企業に対し新事業の立ち上げをサポートするプログラム「東三河イノベーターズ・ゲート」を始め、活動を加速させている。

全文881文字
中部圏、中長期的な成長へ

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2020年4月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ