全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

【中部圏特集・自動車2】「もっといいクルマづくり」へ TNGA展開加速

ポストコロナ時代の環境ビジネス
TNGA思想を採り入れた新型「ヤリス」
TNGA思想を採り入れた新型「ヤリス」

 自動車産業は100年に一度と言われる大変革期を迎えているが、一方で世界的に強まる環境規制や安全基準への対応、新興国のモータリゼーションの動きなど、足元で対処すべき課題は膨らむばかりだ。トヨタ自動車は「もっといいクルマづくり」という普遍的テーマを掲げ、新設計構造改革「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の思想を採り入れた展開車種を拡大。切れ目のない新車投入で市場の深耕を図っている。

TNGA展開加速


TNGA思想は15年12月にモデルチェンジした主力ハイブリッド車(HV)「プリウス」から採用し、プラットフォームとパワートレーンユニットを同時に刷新して車両の低重心化、燃費・動力性能の向上などクルマの基本性能を大きくさせた。

また、部品を車種やプラットフォームをまたいで新たに開発し、賢く共通化。TNGAで開発工数や設備投資はそれぞれ25%削減し、車両原価も部品の共通化、生産工程の簡素化などで約10%低減できているという。TNGAの採用展開としてプリウスを皮切りに大型セダン「カムリ」「クラウン」、中型車「C―HR」、レクサスブランドの「LC」「LS」などに導入。20年ごろまでに販売車種の約半数にTNGAを採り入れる考えで、引き続き順次導入車種を広げ、世界47工場のうち約30工場で対応していく方針だ。

昨年7月にはモノづくりの力を磨くため、本部・カンパニー格の部署として「クルマ開発センター」(約3千人)を新設した。TNGA推進部やパワートレーンカンパニーの製品企画などの一部を集約し、開発のスピードアップや商品競争力の強化を図る。また、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の企画を担う「トヨタZEVファクトリー」も本部・カンパニー組織として格上げしており、290人から2千人規模の体制に大幅に増員してZEV(ゼロエミッションビークル)に関する製造までの取り組みを一気通貫で行う。

新型「ヤリス」出足好調


TNGAの小型車展開では、ヴィッツの後継車となる新型「ヤリス」を2月10日に発売した。低重心化とボデー剛性の強化により、横揺れの少ない乗り心地、安定感があり上質で自然な走りを実現したという。ガソリン車とHVを用意し、HVはガソリン1リットル当たりの燃費が36キロメートルと小型車で世界トップクラスを実現した。

安全装備も大幅に充実させ、事故発生率が高い交差点内での衝突回避をサポートするため、交差点右折時に前方から来る対向直進車や右左折時に前方から来る横断歩行者をミリ波レーダーなどで検知する機能を搭載している。ステアリングだけでなくアクセル、ブレーキまで制御する高度駐車支援システム「アドバンストパーク」をトヨタ車で初めて採り入れており、発売後1カ月間で月間目標の約5倍となる約3万7千台を受注するなど好調な立ち上がりをみせた。

満を持して発売された新型ヤリスには、部品サプライヤーの自信の製品も続々採用された。トヨタ紡織は、トヨタ車で初となる「運転席イージーリターン機能」を搭載した新開発シートなどを供給。同機能は乗車の際にシート横のメモリーレバーを操作すると、あらかじめ記憶させたシートポジションに簡単に復帰することができる。乗車するたびにシートをスライド調整する人の利便性向上に貢献する。アイシングループのアドヴィックス(本社刈谷市)は新開発の横滑り防止装置が採用され、ブレーキ応答性の向上などに寄与している。

全文1430文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2020年4月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ